RSS
Admin
Archives

すぽんじぽっとぽいんと

最近は「その他レビュー」が異常な勢いで増えてきた

プロフィール

キイレ

Author:キイレ
好きなもの:量産MS、イロモノ銃、寝ること、クーデレ
嫌いなもの:騒音、すっぱいもの

プラモレビューブログのようだが実は銃への愛の注ぎ方がガイキチじみている管理人である。プラモレビューの気で見ているとプラモレビューの数倍の手間と文量と愛の詰まったトイガンレビューが上から来るぞ、気をつけろ!
 

文章、写真の転載は管理人に一言言ってください。基本許可しますんで。

ブクログ
カテゴリ
MG (1)
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
28
Category : 雑記
こんばんは。実はここ数週間レビューがなかったことに気が付きました、キイレです。更新はしているけどレビューはなかったらしいです。プラモは在庫切れなんだよなあ、グリントはもう少しかかるし。

さて本日は最近徐々にそのピッチを上げつつある銃器関連雑記です。プラモ目当てで来た皆様はどうぞ読み飛ばしてくださいなと。


銃擬人化なんて全国でやっているの人間は僕含め1ダースくらいだろうと思っていたらなんと
アニメ うぽって!!公式サイト
なんかそんな作品がアニメ化するらしいです。
ちなみに僕は拳銃で擬人化やってました。

まさしく俺得。
登場銃物のほとんどが1980前後の銃という中途半端に古い銃で、登場キャラの一番最初がFNCってあたりで作者さんに何か共感を覚えます。全身プラスチックの銃なんて嫌いだぜ!いえー!!
自動小銃と突撃銃の間辺りのなんとなく区分に困る銃が多いですね。あえてのM4じゃなくてM16A4とか。
L85の子が巨乳というかぽっちゃりなのはL85の欠点の一つの重すぎる(一般的な突撃銃より1kgほど重い。重ければ射撃も安定はしてくるがこの銃は鈍器としての輝かしい戦績を数多く残す)ということを暗喩しているんでしょうか。多分そうだよね。
個人的には将来が嫁としてもらう銃No1のAKシリーズが見られないのが少々寂しいですがあんだけの名銃だ、そのうち出るでしょう。
あとは旧ドイツ軍のStG44とか?Gew43とか?

ええ、ドイツ好きですよ。
スポンサーサイト
2012.01
25
Category : 製作記
こんばんは。ブクログを見て、「俺ってこんなにラノベ読まない人だったっけ・・・」って思いました、キイレです。ブクログ始めてから「断章のグリム」くらいしかそれっぽいの読んでない。まあ僕は本来ミステリ・SF畑の人間なんだけど。

ところで輪廻のラグランジェがかなり好きなんだけど。本人は本当に怖いんだろうけど傍目から見てるとキリウスさんがどうしようもないアホに見えて困る。


さて本日はグリントの頭部編。では、どうぞー
::more
2012.01
21
Category : HGUC
こんばんは。「輪廻のラグランジェ」のラジオのガールズトークを聞くとなんとなく心が洗われました、キイレです。普段ペルソナ4のマヨナカ影ラジオの下ネタトークを聞いているだけにかな・・・。
いやペルソナ4のラジオも好きなんですけどね。だんだん森久保がペルソナ召還しなくなってくるし。

はい本日はドラッツェのレビューです。まさかこれがHGUC化するなんてねえ。
0083はだいたい揃ってきたので残るはガーベラ・テトラとザメルくらいですかね。ガーベラ・テトラは出るでしょうけどザメルはなあ。でも僕がドラッツェドラッツェ言ってたらHGで出てしまったのでザメルも期待。あとはデルタガンダムもできたんだからGP04ガーベラな!
ちなみに箱開けてパーツの少なさに絶句したのでなんと取説一切見ないで作ってみました。そのお陰でちょっと重大なミスをしているんだけど。
2012012211170000.jpg
では、どうぞー
::more
2012.01
21
Category : 製作記
こんばんは。なんだかえらく更新が久しぶりな気がします、キイレです。気じゃなくて久しぶりなんだよこの珪素生物が!!

なんの前フリもなく感想コーナーやろうか思ったけど別の記事にする。(断言)
今期アニメは面白そうなのが多いので結構毎日が楽しいです。やわらかああああああああああい!!
きっと薄い本でも主人公こう叫ぶよね。

本日はグリント製作記の胸部行きます。
では、どうぞー
::more
2012.01
09
Category : 雑記
こんばんは。東京マルイ新春限定プレゼントのアンケートの「商品化を希望する銃」に「イジェマッシ ビゾン」なんて書いたのは全国で僕含め2名くらいじゃないかと思いました、キイレです。
いわばAKシリーズの短機関銃バージョンみたいな感じだからマガジンハウジングは新規になるとしてもレシーバー部は流用できそうな部分が多いから無理な話ではないんじゃないかな。銃自体の人気とか知名度が問題ですがね。
実銃でヘリカルマガジンは構造が複雑になるけどBB弾なら構造はボックスマガジンと大して変わらないだろうし。そこそこコンパクトだし、ヘリカルマガジンならなんといっても出っ張りが少ないから伏射もしやすい、かさばらないからゲームユーザーから人気出ると思うなー。
あとはバッテリー置き場だけどスタンダード電動ならAK47Sと同じくレシーバーカバー外したところに装着できるかな?ハンドガードは小さすぎるし。コンパクト電動のバッテリーならハンドガードに入りそうだけどそもそもコンパクト電動自体廃れたね。まあ無理にコンパクトにするほどああいうサイズの銃自体がないから?ゲームにそんなにコンパクトな銃は求められないからかな。あとコンパクト電動で出せそうなのはB&P MP9(ステアーTMP)とか?
難点はもしレイルハンドガードとかがオプションで出たとしてもマガジンに当たるからハンドガード下面にレイルが装備できないってことだけど、ビゾンなんてマイナー銃欲しがる人はビゾンにレイルの拡張性なんか求めないでしょう。そもそもAKシリーズに光学機器載せることさえ僕はあんまり好きじゃない。なんか、AKに無理矢理ドットとか載せるならM4でいいんでね?って思っちゃう。AK74に載せるのは許せるんだけど47に載せるのは抵抗あるんだよね。
ぶっちゃけて言えば何かよほどのことがない限りマルイからビゾンなんか出ないだろうから海外製電動でビゾン出てくれないかなー。VFCあたりで。

さてこれは前置きです。

実はただの感想タイム

映画
キル・ビル Vol.1
途中から見ました。一言で感想をまとめると
「タランティーノ好きにやっちゃったね!」
って感じ。BGMがマカロニ・ウェスタン風だったりアントニオ・バンデラスが徘徊してそうなメキシコの寂れた町の場末のバーで流れてそうな曲だったり演歌だったりとにやにやしっぱなしでした。美人の女優がジャパニーズ・マフィア(ヤクザではなくそんな雰囲気)相手に日本刀振り回して切り捨てて行くクライマックスは欧米人がすごく喜びそうな展開ですね。わらわら襲い掛かってくるジャパニーズ・マフィアとの戦いの後のルーシー・リューとの一騎討ちは画的に良い(雪の降る日本庭園での一騎討ち)のですが、なんだろうなーこのB級映画みたいな感じは。
ちょっと嘘っぽい流血シーンもありますが斬新な手法が使われてたり、良いつっこみ所があったりとなかなか楽しめる映画でした。舞台が日本なのでジャパニーズ・マフィア日本刀なんて振り回してねえよwwwとかツッコミ入れながら見たらさらに楽しいんじゃないでしょうか。

実はこの感想を書くためにこの記事を書いたといっても過言ではない。
探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 1話
興味はあったものの結局一期は見ていませんでした。ので二期からニコニコで見始めたのですが!

なるほど、わからん

極貧生活をたくましく生き抜く学生たちの愛と勇気と汗と涙とナスとキュウリと申し訳程度のオペラ要素が織り成す感動のドドドドドドドドド

みたいな話でしょうか。
いやー、おっかしいなあ、一期は推理ものって人から訊いていたんだけど違う作品のことだったのかなー(棒)

さあ今後

ナスとキュウリをスタイリッシュ糠漬けにされても諦めずにこんどは大規模近郊農業を始めたらなんと猫の手を借りたいほど大当たりし学院なんてくだらねぇぜ!俺のトマトを買え!!と開き直り定年後のじいちゃんばあちゃんを雇いさらに農園の規模を拡大させ、やがてヨコハマを日本の穀倉地帯を言われるまでにした、四人の物語である。

プロジェクトX ~地にはトマト、この手に夢を~

という物語に今後なっていくでしょうか最近のアニメには見られない新たな作風のようなので非常に楽しみでありますねはい(棒)


今後アンリエットさんにお世話になる事が多くなりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。