RSS
Admin
Archives

すぽんじぽっとぽいんと

最近は「その他レビュー」が異常な勢いで増えてきた

プロフィール

キイレ

Author:キイレ
好きなもの:量産MS、イロモノ銃、寝ること、クーデレ
嫌いなもの:騒音、すっぱいもの

プラモレビューブログのようだが実は銃への愛の注ぎ方がガイキチじみている管理人である。プラモレビューの気で見ているとプラモレビューの数倍の手間と文量と愛の詰まったトイガンレビューが上から来るぞ、気をつけろ!
 

文章、写真の転載は管理人に一言言ってください。基本許可しますんで。

ブクログ
カテゴリ
MG (1)
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
10
Category : 
こんばんは。方向性を変えてみるテストです、キイレです。いや、決してネタギレとかそういうんじゃなく。エステちゃん残ってるし。ま、最近こっちの趣味が再燃し始めてるんでこれも自己満足の一種ですね。プラモとトイガンどっちも取り扱ってるサイトさんなんて僕は知らぬ。そういう人いたら教えてねー。
今日は以前に少し紹介したマルシンのルガーMk.Ⅰです。

では、どうぞー。
さて、このスターム・ルガーMk.Ⅰですが、皆さんルガーと聞いて「ああ、あのドイツのルガー?」と思われた方も多いでしょうがそのルガーじゃないんです。P08で有名なドイツのルガーはLUGERで、このルガー社はアメリカの会社でスペルもRUGERと書きます。まあバレル露出してるし全体的に細いしでLUGER P08とRUGER Mk.Ⅰはなかなか似てるっちゃ似てるかもしれないけどー。
実銃のルガーMkⅠは22口径という小口径弾を使用し、非常に扱いやすい上、価格も安価なためプリンキング(気軽な的撃ち)や入門用の銃として人気があるそうです。
日本人観光客がグアムとかで実弾射撃やるとまずこれが使われるという話もあるんでこの銃が扱いやすいということがわかりますね。
P1050351.jpg
P1050352.jpg
全体がつや消し塗装され質感はかなりいいです。右面のエジェクションポートがシルバーなのはいいアクセントですがもう少し光る銀がよかったかも。

構造はノンブローバックなんでトリガープルは結構重め。でも中古だったんでまだ滑らかになったのかも。
ちなみに写真をみるとわかりますが、トリガーを引くとトリガーのセレーション(滑らないように彫りこまれた溝)が指に食いついて痛いのでヤスリで削り落としました。
P1050355.jpgP1050356.jpg
セイフティはガバと同じく親指で操作しやすい位置にあります。小さいので操作しにくいかと思いきやクリックが効いてるので操作しやすいです。
P1050357.jpg
右グリップのみにスタームルガーのメダリオンが入っています。
P1050359.jpg
マガジンはシングルカラムの薄いタイプ。17発入ります。
実銃では10発。
P1050361.jpg
マガジンキャッチはマガジンボトムを抑えるストッパーを直接操作するヨーロピアンタイプで、見た目はちょっと操作しにくそうに見えますがそんなに不便は感じません。マガジンキャッチに親指が当たってマガジン落とすっていう不安はなくなるし。
P1050360.jpg
分解します。グリップのバックストラップをレバー一つで外すとアッパーレシーバー/バレルとロアレシーバーに分解できます。写真を見るとわかると思いますが、ボルトは完全に別パーツです。ガスブロのバリエーションを考えての設計なんでしょうがマルシンのガスブロはね、うん、あんまりいい噂聞かないからね。
5.7mm口径の拳銃をどうしても8mmBB弾使いたくて実銃よりもだいぶバレルが太いとか「画期的なホップシステム」はジャムの巣とか言われるちょっとおちゃめな会社ですからね。固定ガスとモデルガンなら評価いいのに。
実銃のルガーにはないけどM39ハッシュパピーみたいにボルト引くとシングルアクションでも撃てますみたいなシステムがあったら面白かったかもしれない。インナーハンマーだから仕方ないけどダブルアクションオンリーはなかなか疲れる。
P1050362.jpg
以前紹介したときも言いましたが、このルガーは僕がカスタムしたものではなくこの状態で中古で売られてました。ルガーMkⅠが欲しかった僕はすかさず食いつきましたが難点一つ。
前が重い。
KM企画のサイレンサーの中で一番軽いフェザーライトシリーズのサイレンサーですけどこんな長けりゃ当然なんですが、この銃、普通にツーハンドホールドで構えても段々前が落ちてきます。だから左手はトリガーガードの前を覆うように構えてます。少し短めのサイレンサー欲しいなー。ソーコムサイレンサーくらい。
P1050367.jpgP1050368.jpg
ドットサイトはノーベルアームズのコンバット45。チューブ型ドットサイトでも良かったんですがオープン型の方が安いし軽いのでこっちにしました。11段階調光ってのも嬉しいです。5段階くらいで丁度いいけどさ。ところでコンバット45の45はガバで有名な.45ACPの45ですか?
P1050372.jpg
精度は10mで5cmくらいのこのグルーピングです。フィクスドスライドなんて精度はかなり高いんですが、トリガーの重さがちょっと足を引っ張ります。よく狙って一発ずつ撃つならいいんですが、ダブルタップ、トリプルタップは諦めましょう。

まとめ
文句をいくつかいってますがいい銃だと思います。ブローバックの様な派手なアクションはありませんが堅実な出来で、ガスの燃費いいし、精度高いしと僕はなかなか気にいってます。ルガーMkⅠはエアガンではこれしかないので気になったら是非どうぞー。
安定した動作のガスブローバックのMkⅠをどっか出してください。コルトウッズマンとかのこういう小口径拳銃は日本では売れないってのはわかるけどねー。
マルイさんはポリマーでアンダーマウントレイルのついた拳銃ばっかじゃなくてこういう古臭い(褒め言葉)拳銃をもっと出して!

実は僕、プラスチック、エルゴノグリップとか曲線だらけの拳銃は嫌いです。ベレッタPx4とかクーガーからの明らかな改悪だろ・・・。Px4よりもクーガーで出した方が売れた気がする。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。