RSS
Admin
Archives

すぽんじぽっとぽいんと

最近は「その他レビュー」が異常な勢いで増えてきた

プロフィール

キイレ

Author:キイレ
好きなもの:量産MS、イロモノ銃、寝ること、クーデレ
嫌いなもの:騒音、すっぱいもの

プラモレビューブログのようだが実は銃への愛の注ぎ方がガイキチじみている管理人である。プラモレビューの気で見ているとプラモレビューの数倍の手間と文量と愛の詰まったトイガンレビューが上から来るぞ、気をつけろ!
 

文章、写真の転載は管理人に一言言ってください。基本許可しますんで。

ブクログ
カテゴリ
MG (1)
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08
21
Category : 
こんばんは。気づいたら8月末でした、キイレです。
まあ、これを買ったのは2週間前なんですが本当にこの子と遊んでいたら更新なんてスルーでした。わーい。
ついでにこれを買って帰ってきたら尼からver.Kaサイバスターが届いてました。わーい。


本題。
P1050554.jpg
では、どうぞー。
本日紹介するこのナイトウォーリアですが、東京マルイオリジナルカスタムガバシリーズのウォーリアシリーズの第2弾となります。ウォーリアシリーズ第1弾のデザートウォーリアは20mmアンダーマウントレイルを装備したシングルスタックフレームに、ハイキャパ4.3のスライドを載せ、砂漠などのフィールドを意識し、スライド、フレームをタンカラーに変更されたものでした。
そして今回のナイトウォーリアは名前の通り夜間戦を意識したカラーリングにまとめられています。スライドは落ち着いたマットブラック、フレームは若干ブラウンの入ったグレー(マルイ公式によると「スナイパーグレー」となっています)のメリハリのある2トーンとなっています。デザートウォーリアは4.3インチのスライドでしたがこの銃はフルサイズの5インチスライドを載せ、現代の銃ではもはや常識となったアンダーマウントレイルをフレームに装備しています。

詳しくは東京マルイの公式HP見てね。


さて、久々に買ったトイガンです。実に久しぶりです。
当初は以前少し書いたようにデトニクスのステンレスモデルにしようかと思ったのですが、トイガン好きの皆様で行ったカラオケで長く楽しむならフルサイズのガバにしとけ(カスタムパーツが豊富な為)という意見もあったんでデトは一度候補から外し、その後長い間苦しみました。悩んだんだよ。候補はハイキャパ4.3ステンレス、FNファイブセブン、MEUピストル、とこのナイトウォーリアとまあ多い多い。その後紆余曲折ありこのNWにしました。
しかしどうして今回の候補はガバ系ばかりかというと、たいした理由じゃありません。ある店でショーケースで展示されていたマルイの2900円のコッキングガバのパーカライズドグレーが余りにかっこよく、衝動買いしました。冷静に考えれば旧キットなら5,6個買える値段だな。そしてその外見もよかったのですが、一回グリップを握って僕はこの銃の虜になりました。なんだか言葉じゃ上手く言い表せませんがまあ恋って奴ですよ。それに感動し、こんどはガスブロのガバが欲しいと思い、今回の購入に至りました。
エルゴノミックのグリップも確かに持ちやすいし構えやすいのですが、どうも心惹かれる、ってことがあんまりないんですよね。ファイブセブンは知人のものを触らせてもらったことがあったのですが、なんだかグッ、と来るものがなかったんです。それがミリガバのグリップに感動するって自分どうなんだろと不安です。
ちなみにベレッタM92系統ははっきり言って肥え過ぎて好きじゃないです。

P1050569.jpg

右側に1911 CUSTOM WARRIOR SERIESとあり、左側のナイトウォーリアはシールなんでこれを張り替えてウォーリアシリーズを展開させていくつもりらしいです。こういう銃本体と関係ないところで少しでもコスト下げようっていう姿勢は嫌いじゃないです。なんせ物自体が高いからね。(16000円ちょい)
P1050570.jpg
マルイのミリガバやMEUでは箱の中は布が敷いてあったそうですが、これは普通の発泡スチロールです。
内容物は本体、マガジン、クリーニングロッド、ブッシングレンチ、BB弾、取説でした。
取説は細かい形意外ほぼ同じからかMEUピストルの取説のナイトウォーリアの補足取説(銃の説明とパーツリスト)のぺら1枚が入っていました。
P1050571.jpg
スチロールには「Hi-CAPA」の文字が・・・。箱を使いまわしてるみたいです。
P1050572.jpg
マガジンが収まるところには詰め物が入ってます。ハイキャパのマガジンの方が大きいですからね。

高い買い物をしましたしガバ系は一目惚れしたせいか先週は本当にレビューを忘れてました。
先週はこの子をナデナデペロペロして過ごしていました。

半分嘘です。

そして彼女の少し冷たくてしなやかな肢体を抱きしめて夜を過ごしました。

本当です。

ボルトアクションライフル抱いて寝るよりは楽です(当然だ)ティンプル加工のグリップが本当に手に吸い付くような丁度いいサイズでねー。重量感も程よいし手のひらに当たるグリップセイフティとメインSPハウジングの金属のひんやりとした冷たさがまあすばらしき。

P1050555.jpg
P1050556.jpg
アンビタイプ大型サムセイフティ、3ホールトリガー、シルバーメッキのデルタハンマー、20mmアンダーマウントなどなど大量のカスタムパーツがついております。これをミリガバからカスタムしようとしたらすごい額になりそうだよね。

各部詳細
P1050558.jpg
ハンマーはシルバーメッキのデルタハンマー。(写真のハンマー位置はハーフコック)
エアコキミリガバと比べて格段にハンマーが起こしやすくなったかというとハテナですが、ハンマー一つで銃の印象は変わってきますからね。ハンマーはかっこよければそれで良い(キリッ
サムセイフティは大型でアンビタイプ(左側にもレバーがある)となっています。個人的にはシングルタイプでよかったかなーなんて。
P1050559.jpg
この銃の特徴とも言える細かくティンプル加工されたウォーリアグリップ。素材はただのプラですがかっこいいので良し。グローブを着けたときにこのグリップは効力を発揮するらしいです。
実用性はともかくとして目立つグリップであることは確かですね。グリップのビスはマイナスネジではなく六角。
グリップセイフティはパームスウェル付きのビーバーテイル仕様。これがあると一気に現代のカスタムガバっぽくなると思います。
メインスプリングハウジングはストレートタイプでセレーション入り。
この記事書いてるときに気づきましたがマガジンハウジングは面取りされ簡易マグウェルみたいになってました。
P1050565.jpg
トリガーはカスタムガバといったらだいたいこれがついている3ホールトリガー。トリガー前面はセレーションが入っています。前面に穴はあいていますがトリガーの調整機能はなし。あんまり必要ないんで結構。撃つのにあんまり関係なさそうなところは割り切ってコストダウンという姿勢の表れですね。
スライドストップはセレーションがはいっただけのシンプルなタイプ。大きさはノーマルとかわりません。ロングスライドストップって最近見ませんね。
P1050561.jpg
リアサイトは10-8(テンエイト)タイプと呼ばれるもの。リアサイトの段差を机などに引っ掛けてコッキングするためにあまり類を見ない形となってます。何回かやりまして不安なくコッキングできましたが、リアサイトは金属だからいいとしてスライドがプラなんであんまりハードにやると厳しいかも。取説にもちゃんと書いてあったし。
P1050562.jpg
リアサイトと写真では見えませんがフロントサイトにもホワイトドットが入れられ非常にサイティングしやすいです。リアサイトは最近では珍しいUノッチ。Uノッチの銃なんて僕ワルサーP38くらいしか知らない・・・
ちなみにレバー類、サイトは全て金属製でした。贅沢・・・
P1050557.jpg
スライド左面には派手な筆記体でNIGHT WARRIOR COMBAT CUSTOMと書かれています。
ここに一つ非常に小さいことですが不満点。文字の回りが盛り上がっているんです。えーっと、わかりやすく例えると砂に指で字を書くと字の周りに堤防みたいに砂が盛り上げられるでしょ?あんな感じになっているのがちょっと不満。
まあこの辺は個人の趣味だから仕方ないけどね。
P1050564.jpg
ダストカバーに取り付けられた20mmアンダーマウントレイル。これがガバのスタイルを大きく変貌させていますね。残念ながらライト類は持っていないので何も取り付けるものはありません。残念。
レーザーサイトってあんまり取り付けられてるの見ないなあ。
P1050563.jpg
ホールドオープン
アウターバレルはシルバー。パーティングラインも上面は綺麗に消されており(下は残ってる)ます。
P1050567.jpg
バレルブッシングはシルバー。これも金属で写真じゃわかりにくいですがヘアラインが入っており非常にいい感じ。
P1050566.jpg
マガジンはシルバー。マガジンボトムにマグバンパーがついているのでミリガバより装弾数は少し増え28発。
シングルカアラムの薄いマガジンによくぞここまで詰め込んだと言える装弾数です。実銃の4倍だもんね。

分解
P1050575.jpg
分解の手順はスライドストップを取り外すをするりとスライドが外れます。スライドからリコイルスプリング、リコイルSPプラグを取り外し、専用のブッシングレンチでバレルブッシングを取り外せばバレルが引き出せます。メンテ以外でここまでバラす必要はありませんが分解できた方が嬉しいし。
分解はM9の方が簡単でしたね。そういうところは後発の利点か。まあ100年前に出来ているガバと2,30年前にできたM9をくらべるのは少しおかしいような気もしますが。
P1050568.jpg
ホップ調整はスライドを外し、バレルの根元のダイアルを回して調整します。最初から適正ホップに調整されていたのが嬉しいポイント。

実射
リコイルはマルイガスブロ第1弾のM9に比べると強くなってますね。ドン、と手首にくる感じ。そしてスピードもかなり速くキレが良く好感触でした。
P1050577.jpg
5m、10発

集弾はもはや文句なし。信頼のマルイクオリティです。

まとめ
非常に満足の行く一品でした。コストパフォーマンスと実射に重きを置く東京マルイですので、外見はあまり期待していませんでしたがパーティングラインも消され(一部うっすら残っている)表面もつや消しとなっており見ているだけでも満足できました。今から欲しい、っていう人には気の毒ですが次回の生産は未定らしいので待つしかないですがね。ちなみに僕は某店にメールで問い合わせたところ「在庫残り一点です」と言われ慌てて取り置きをお願いし購入しました。危なかった・・・。
ハイキャパの角ばったスライドは嫌い、だけどレイルは欲しい、とかフルサイズガバでレイルが欲しいなんて方にオススメ!見かけたら買っとかないと次はいつ手に入るかわかりませんよ!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。