RSS
Admin
Archives

すぽんじぽっとぽいんと

最近は「その他レビュー」が異常な勢いで増えてきた

プロフィール

キイレ

Author:キイレ
好きなもの:量産MS、イロモノ銃、寝ること、クーデレ
嫌いなもの:騒音、すっぱいもの

プラモレビューブログのようだが実は銃への愛の注ぎ方がガイキチじみている管理人である。プラモレビューの気で見ているとプラモレビューの数倍の手間と文量と愛の詰まったトイガンレビューが上から来るぞ、気をつけろ!
 

文章、写真の転載は管理人に一言言ってください。基本許可しますんで。

ブクログ
カテゴリ
MG (1)
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10
27
Category : 雑記
こんばんは。最近ロボアニメ以外も見るようになってきました、キイレです。
逆にシュタゲ以来AGE以外ロボは見てないんだよねー。古くてもいいからオススメ教えて誰か。アクエリオン気になって評判見てみたら「何もない部屋にテレビとアクエリオンのDVDがあったら見てもいい」とかそういうのがあったからねえ。ボトムズとか見てみようかな。最近埃っぽいの見たい。

例のいろいろ感想コーナー

ペルソナ4
3話でジライヤがんばってましたね。どこかでジライヤを変身ヒーローっぽいっていうのを見てから、花村くんがそれでもヒーローに憧れてるのかなあ、って思いました。
イザナギからジャックランタンなんてペルソナにチェンジしてましたが、まさか、D-Artsで・・・。
OPに出てたペルソナくらいは出そうな気がしますがね。とりあえずイザナギは欲しいなあ。
シュタゲに引き続き好みの女の子がいないって点では平和な気持ちで見れるのが嬉しいね。
あと、クマかわいい。

ブロークン・アロー
CSでやってたクリスチャン・スレーター主演の映画ですね。番組紹介では
ジョン・トラボルタ
クリスチャン・スレーター
って並んでてえー、って思いましたが。
うろ覚えになっちまったんで改めて見直してみましたが、結構面白いね。つっこみ所は少なくないものの、堅実な出来といいテンポで進む映画なんで飽きさせないいい映画だと思いますね。アクションはそんなに派手な印象はありませんが十分。ジョン・トラボルタのクールな悪役ってのが型にはまっててかっこよかったです。ベレッタM93Rなんてラストの列車で使っただけだけども!ちょっと取り乱したり小悪党っぽい所もあったけどそれども余裕な雰囲気の悪役でした。廃坑道でトラボルタがAC556Fなんて映画じゃそんな見ない銃使ってましたね。他にもベレッタM12とか。
先述したツッコミ所はパークレンジャーのケリーさんが一番の受難じゃないかってのが一つ。なんかライリー(スレーター)とキスシーンで終わってるけどあの二人長続きしない気がするなあ。「スピード」の第一作目で主人公とバス運転してた女性が恋人になるんだけど「スピード2」ではあっさり別れてたってのが当時見たときは衝撃受けたけど、アクション映画の主人公とヒロインって間違いなくうまくいかなそうなのばっかりだよね。「ダイ・ハード」のマクレーンとその奥さんくらいしか上手くいってるのが僕の知ってる限りでない。「アイランド」の二人も良さそうだけど。ユアン・マクレガーがいい男過ぎるってのもある。
あとライリーが逃走中のディック(トラボルタ)の行き先を「左に行くと見せかけて・・・右だ。奴がボクシングでよく使う手だ」と推理してますが、もちろん米軍は左の方にも一応警戒はしたんですよね?
最初のシーンのボクシングを伏線にしたかったんでしょうがいくらなんでもこの推理は大雑把過ぎますわ。
あとラストのライリーとディックの対決シーン。一応ボクシングの構えを取りますが、蹴るは首は絞めるわ木材使うわバール使うわとお前それもうボクシングじゃねえよとちょっと笑えました。
まあ、前半どちらかというとヘタレ要素のあったライリーが後半ではもうちょっとしたチートキャラになってるのがすごいね。結局ディックとの対決も前半の押されっぱなしはなんだったんだというくらい覚醒してフルボッコですからね。とりあえずマクレーンより強い。


まあ、今日はこの辺?
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。