RSS
Admin
Archives

すぽんじぽっとぽいんと

最近は「その他レビュー」が異常な勢いで増えてきた

プロフィール

キイレ

Author:キイレ
好きなもの:量産MS、イロモノ銃、寝ること、クーデレ
嫌いなもの:騒音、すっぱいもの

プラモレビューブログのようだが実は銃への愛の注ぎ方がガイキチじみている管理人である。プラモレビューの気で見ているとプラモレビューの数倍の手間と文量と愛の詰まったトイガンレビューが上から来るぞ、気をつけろ!
 

文章、写真の転載は管理人に一言言ってください。基本許可しますんで。

ブクログ
カテゴリ
MG (1)
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
09
Category : 雑記
こんばんは。東京マルイ新春限定プレゼントのアンケートの「商品化を希望する銃」に「イジェマッシ ビゾン」なんて書いたのは全国で僕含め2名くらいじゃないかと思いました、キイレです。
いわばAKシリーズの短機関銃バージョンみたいな感じだからマガジンハウジングは新規になるとしてもレシーバー部は流用できそうな部分が多いから無理な話ではないんじゃないかな。銃自体の人気とか知名度が問題ですがね。
実銃でヘリカルマガジンは構造が複雑になるけどBB弾なら構造はボックスマガジンと大して変わらないだろうし。そこそこコンパクトだし、ヘリカルマガジンならなんといっても出っ張りが少ないから伏射もしやすい、かさばらないからゲームユーザーから人気出ると思うなー。
あとはバッテリー置き場だけどスタンダード電動ならAK47Sと同じくレシーバーカバー外したところに装着できるかな?ハンドガードは小さすぎるし。コンパクト電動のバッテリーならハンドガードに入りそうだけどそもそもコンパクト電動自体廃れたね。まあ無理にコンパクトにするほどああいうサイズの銃自体がないから?ゲームにそんなにコンパクトな銃は求められないからかな。あとコンパクト電動で出せそうなのはB&P MP9(ステアーTMP)とか?
難点はもしレイルハンドガードとかがオプションで出たとしてもマガジンに当たるからハンドガード下面にレイルが装備できないってことだけど、ビゾンなんてマイナー銃欲しがる人はビゾンにレイルの拡張性なんか求めないでしょう。そもそもAKシリーズに光学機器載せることさえ僕はあんまり好きじゃない。なんか、AKに無理矢理ドットとか載せるならM4でいいんでね?って思っちゃう。AK74に載せるのは許せるんだけど47に載せるのは抵抗あるんだよね。
ぶっちゃけて言えば何かよほどのことがない限りマルイからビゾンなんか出ないだろうから海外製電動でビゾン出てくれないかなー。VFCあたりで。

さてこれは前置きです。

実はただの感想タイム

映画
キル・ビル Vol.1
途中から見ました。一言で感想をまとめると
「タランティーノ好きにやっちゃったね!」
って感じ。BGMがマカロニ・ウェスタン風だったりアントニオ・バンデラスが徘徊してそうなメキシコの寂れた町の場末のバーで流れてそうな曲だったり演歌だったりとにやにやしっぱなしでした。美人の女優がジャパニーズ・マフィア(ヤクザではなくそんな雰囲気)相手に日本刀振り回して切り捨てて行くクライマックスは欧米人がすごく喜びそうな展開ですね。わらわら襲い掛かってくるジャパニーズ・マフィアとの戦いの後のルーシー・リューとの一騎討ちは画的に良い(雪の降る日本庭園での一騎討ち)のですが、なんだろうなーこのB級映画みたいな感じは。
ちょっと嘘っぽい流血シーンもありますが斬新な手法が使われてたり、良いつっこみ所があったりとなかなか楽しめる映画でした。舞台が日本なのでジャパニーズ・マフィア日本刀なんて振り回してねえよwwwとかツッコミ入れながら見たらさらに楽しいんじゃないでしょうか。

実はこの感想を書くためにこの記事を書いたといっても過言ではない。
探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 1話
興味はあったものの結局一期は見ていませんでした。ので二期からニコニコで見始めたのですが!

なるほど、わからん

極貧生活をたくましく生き抜く学生たちの愛と勇気と汗と涙とナスとキュウリと申し訳程度のオペラ要素が織り成す感動のドドドドドドドドド

みたいな話でしょうか。
いやー、おっかしいなあ、一期は推理ものって人から訊いていたんだけど違う作品のことだったのかなー(棒)

さあ今後

ナスとキュウリをスタイリッシュ糠漬けにされても諦めずにこんどは大規模近郊農業を始めたらなんと猫の手を借りたいほど大当たりし学院なんてくだらねぇぜ!俺のトマトを買え!!と開き直り定年後のじいちゃんばあちゃんを雇いさらに農園の規模を拡大させ、やがてヨコハマを日本の穀倉地帯を言われるまでにした、四人の物語である。

プロジェクトX ~地にはトマト、この手に夢を~

という物語に今後なっていくでしょうか最近のアニメには見られない新たな作風のようなので非常に楽しみでありますねはい(棒)


今後アンリエットさんにお世話になる事が多くなりそうです。
2012.01
06
Category : 雑記
こんばんは。先日買ってきたHGUCドラッツェの箱を開けてパーツの少なさに絶句しました、キイレです。定価2000円は高すぎる・・・。1500円くらいで丁度いいんじゃないのこれ。パーツはほとんどモナカちゃん割りだし。5年前のプラモ見てるような気分ですね。まあただでさえプラモ3割引の店で「HG2個以上購入でさらに10%引き」セールだったのでHGバクゥと一緒に買ったので結構安く買えましたが。プレバンの袖付きドラッツェは売れなそうな予感するなあ。

本日はグリントの脚部2回目です。
では、どうぞー
::more
2011.12
31
Category : 雑記
こんばんは。大晦日に雪かきを強いられました、キイレです。
タイトルは帰省してきた姉のHPの11月12日の記事のタイトルだってさ。12日だってよ!バーカバーカ!!

P1060169.jpg
年末大掃除で適当に積んであったR魂の箱をクローゼットに押し込んだらこの有様だよ!貢ぎすぎだ!!
シリーズ初期のものは箱の下側に機体の名前を書いてあるんですね。

はい今日は今年最後の更新ということで年内振り返り企画でーす。

順位は特につけません。どれも甲乙つけがたいんで。
P1050687.jpg
スーパーロボット超合金 アルトアイゼン

これは文句の付けようがなくすばらしかったです。
アルトアイゼンの重量感もしっかりとありますし、何よりもこのボディでここまで可動するのはすごいの一言。エフェクトパーツも非常に映えますし、アルトアイゼンの決定版と言っても過言ではないと思います。他のアルト持ってないけどさ。

P1050774.jpg
ROBOT魂 ダン・オブ・サーズデイ

好きな作品の主人公機が立体化で作品補正もあるとは思いますが、アクションフィギュアとしても高いレベルでまとめられておりました。膝のケーブルは差し替えて可動範囲の拡大など可動への工夫も見られ満足できる出来でした。

P1050563.jpg
東京マルイ ナイトウォーリア

はいこの流れでプラモかと思いきやまさかのトイガンです。だって趣味の品で今年の一番大きな買い物これだし。
気になる所はいくつかありますが(元ネタはキンバーなのになんでハンマーとグリップセイフティはスプリングフィールドなのか等)ガスブローバックでは比較的安価ですがここまでのクオリティに出来るのはやはりマルイさんすごい。しっかりとパーティングラインも消されていますし、レバー類には金属パーツの使用、そして鋭い撃ち味といい銃でした。気に入らないところはカスタムすればいいし。
僕がこの銃にやろうとしているフレームへのカスタムはストライクウォーリア買えばいいということがこの間明らかになりました。キンバー系のグリップセイフティだし、フォーミュラーハンマーでも文句は言わん。
ちなみに新しく拳銃を買おうか考えながらこの銃を撃っていたら跳段が頬に命中しました。浮気は禁止というこの娘なりのヤンデレ気味の警告・・・?


今年も無事特に何事もない訳でもありませんでしたが一年このブログを続けることができました。
こうして続けてこれたのも閲覧者の皆様がいてくれたからです。本当に一年間ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
では良いお年を!
2011.12
25
Category : 雑記
こんばんは。本屋で立ち読みしていたら後ろの方からゆかなさんのに似た声がするなとちらりと振り向いたら普通の40半ばくらいのおばさんでいや人違いだろと思ったけどやっぱりそのおばさんの声でガッカリしました、キイレです。
20年前くらいなら声と見た目が合っていたんではと思います。
本当にびっくりした。たまにいますよね、声はかわいいのに見た目が残念で見た目はかわいいのに声が残念な方って。見た目はかわいいのに声はドスの効いた低音とかいう人もいたりしますが。

今日クリスマスですね(申し訳程度のクリスマス成分)

2011121008420000.jpg
先週の半ば頃に撮った写真なんですが風景が綺麗。今はもっと雪が路肩に積もっていますし、そもそもこの道が除雪されないので埋まってます。
携帯のカメラの癖にかなり綺麗です。これ絶対うちのデジカメより画質いいよ。

各種感想タイム

映画
デスペラード
イワークさんは関係ないだろ!
ちょっと前にCSで放送していたのを録画したのを見てみました。
アントニオ・バンデラスも僕の結構好きな俳優でして、バンデラスが出てるから見てみるかと思って気まぐれにみた「スパイキッズ」が結構楽しめたこともありました。心は永遠の子供だからああいう設定とか展開好きなんだよ!ほらそこの君だって戦隊ロボの影響で今でもロボット合体バンクシーンはときめくだろう?
あの人は今回の「デスペラード」の舞台のようなちょっと寂れた砂埃舞う町が似合いますね。序盤のバーにタランティーノさんがさりげなくいて噴いた。
えー、で、ガンアクションの評判も良いというので期待していたのですが、映像栄えするガンアクションでした。派手なシルバーのKP85の二挺拳銃をばらばら撃ちまくり、ギターケースに銃器どっさりとなかなか燃える設定でした。でも一人の敵に10発くらい撃ち込むのはさすがにやりすぎだと思うんだ。弾がもったいねえ。
バーにいる客がみんなMAC10テーブルの下に隠し待っていたというシーンは笑った。
ラストのカンパとキーノを呼んで恋人の仇の部下とその防弾リムジンとの最終決戦は圧巻でした。ギターケース型マシンガンと連発型ロケットランチャーの撃ち方はかっこよかった。あの映画人が死ぬ時は誰であれえらくあっさりしてるけど。
シナリオに突っ込みいれるときりがなくなるけど純粋に娯楽作品として見るならなかなか面白いと思います。
星3つくらい。釈然としない所が多かったのも事実。


断章のグリム 人魚姫(上・下)
同じ甲田学人さんの「Missing」も少しずつ読んでいるのですが、「Missing」の異世界の恐怖と違って「断章のグリム」は何気ない日常のものが突然化けるっていうのがタチ悪いよね。好きだけどさ。
3作目にしてグリム童話から外れました。
今回の泡禍は「泡」ということでさらに日常に近づきました。お陰で手を洗う・歯を磨く・食器を洗うという行為が恐ろしくなり困っています。上巻は1巻のような悲惨な状況を淡々と述べるシーンを突破すればいい(それでも怖い。食事前に読むのはダメ、絶対)のですが下巻は大変だった。志弦さんの最期のカレーシチューの底に入れてあった遺書の追伸が特に。心臓を鷲掴みにされるってこういうことなのね。
↓反転でその内容。ホラーが苦手な人は見るなよ!警告したよ!!
この手紙を読んでいるということは、シチューを食べてくれたのだと思います。
私は病院と言う水槽から出ると、死んでしまう人魚です。あなたに釣り上げられましたが、八百比丘尼にはなれそうにもないので、せめて人魚になることにしました。
私と一緒に、ずっと生きてください。
シチューのお肉は、私です。


その後キイレさんはしばらくカレーを食べることがトラウマになったようです。このシリーズ読んでるとトラウマが一つずつ増えていく。
これ、病んでいるということでいいんですよね。
ホラーの気でいるとミステリ的要素もあり、ミステリらしいという噂から僕は読み始めました。読み始めるまでホラーって全く知らなくて「こういう作品だったの!?」とそれはそれで驚いたんですが。
「Missing」もそうだけど甲田さんの民俗学の知識量はかなり豊富なようでした。そういうの専攻していたんでしょうか。
文句なしに面白いんだけどオススメできるかと言われたらオススメしにくい作品です。読む人を選ぶと言うか。

カウボーイビバップ Wild Man Blues
面白い面白くないではなく単純にダメでした。ビバップ好きだしブックオフの100円コーナーで適当に買ったからあんまり文句言えないんだけどさ。
アニメでのテンポの良い展開とかどこへやら、長い上にかったるい比喩をだらだら続けるのがこの作者の作風のようで少なくとも僕の趣味ではない。長い上に何が言いたいのかさっぱり伝わってこない比喩だしさ。斉藤何とかさんの「DAMEDAROU」「KAGEROU」に近い文体です。あの本13ページまで読んで投げたけどさ。
話の筋も結局何がどうなってんのというドタバタ劇だし、そもそもオリジナルキャラが癪に障る。
オススメできません。数々の本を読んできた僕が未だに読み終わっていない「カラマーゾフの兄弟」を読んだほうがマシというレベルです。カラマーゾフ死ぬまでに読み終われるかな・・・


明日くらいから大物の製作記がまた始まる予定です。
2011.12
09
Category : 雑記
タイトルの意味はアトリエ何某のゲームのシナリオ並みにありません、キイレです。ああ、シナリオがないってのはけなしてるわけではないです。僕にとっては特に困りませんし。


いやあ、今日朝起きて、カーテン開けたら雪でした。

やかましく騒ぐ携帯のアラームを止めるとのろのろと起き上がり、カーテンを開けた。外を見ておれはぎゃっと言って腰を抜かした。(筒井康隆風)

積雪量は2~3cmって所でしょうか。うっすら積もってるだけです。
12月に入ってから初雪がここ数年は最近は普通ですけど5,6年前はもっと早かった気がします。もっと降る量も多かったし。一晩雪が降ったら車が埋まる、なんてこともありましたから。
ピークで2m越えくらい積もってるのがあたりまえ(だから道の端にそのくらいの雪の壁ができる)でしたけど最近はそんなに積もらないのを見て地球温暖化を感じます。去年は豪雪、って言ってましたけど道端に壁ができるほどでもありませんでしたからねえ。それでも迷惑なことは変わりありませんが。

しかし初雪なのに雪に一切触りもしなくなったので俺も少しは子供ではなくなったんだなあ、みたいな感想です。どうせこの先嫌と言うほど雪かきするしね。
でも雪かきにするのに金払ってまで来るツアー客の心情が理解できないんだ・・・。
基本ツアー客は雪かきの役には全く立たないしね。市役所の屋根をスコップで突っつくだけで何が雪かき体験だ。ただの雪遊びと何も変わらん。まあ怪我とかしてもらっちゃ困るわけですが。雪降る地方の人は無意識に滑らない歩き方が出来てるみたいですね。



明日か明後日には久々にレビュー予定。サンクションズチャージして待っててください(←予告)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。